1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 風力発電事業
  4. 次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(バージ型)

WORKS

実績紹介

風力発電事業

次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(バージ型)

– 水深50m~100mでの運用を想定した低コストな浮体式洋上風力発電システム –

次世代浮体式洋上風力発電システムの実証運転を行っています。

現在、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として、日本近海の気象・海象条件に適した次世代浮体式洋上風力発電設備および施工方法の開発・検証を行い、コスト低減の実現を目指し、響灘(関門海峡の北西)にて実証機を設置し実証運転を実施してまいります。計測データによる設計検証や遠隔操作型の無人潜水機を使用した浮体や係留システムの効率的な保守管理方法の技術開発を行い、低コストかつコンパクトな浮体洋式上 風力発電システムの技術確立に向けて活動しています。

【出典】国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究」HP(一部変更)

製造コストの低い陸上で製造し、立地可能領域が広い海上へ。

遠浅の沿岸部が少ない日本において、着床式洋上風力発電に比べ浮体式洋上風力発電の立地可能領域は5倍近いポテンシャルがあります。
発電システム全体を陸上、並びに港湾内で建設し、完成後に設置場所へ曳航するので、洋上でクレーン・起重機船を使用して建造する必要がなく、エ期の短縮、製造コストの削減につながります。

バージ型浮体の施工性

単純で高さのない構造のため製作しやすく施工性が向上。喫水が浅いため水深が10m程度でも接岸係留でき、港内などで風車の搭載が可能。

バージ型浮体の係留性

八角形は四角形に比べて潮流抵抗が小さく、係留にかかる張力の低減が可能。

仕様

風 車

メーカー

Aerodyn engineering gmbh

定格出力

3MW

ロ-ター径

100m

型式

アップウィンド型 SCD3MW

ブレード枚数

2枚

ハブ高さ

72m

浮 体

型式

バージ型

寸法

長さ51m×幅51m×高さ10m(喫水7.5m)
重量3,100トン(風車バラスト含まず)

係 留

係留方法

スタッドレスチェーン+超高把駐力アンカー

係留本数

9本

総重量

9,858トン(風車、係留、バラスト含む)

※これは、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の成果を一部活用しています。

実績紹介